FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やくわり

今年の夏休みは30時間に渡って
中学・l高校の英語の教員免許更新講習を
大学で受けました
関東圏の私立、公立の英語教師たちが集まりました

海外で行われている男性脳、女性脳の優位性を
活かした性別授業の試みだったり・・

自己分析をして自己を知ることで
学ぶスタイルを決めていく方法だったり・・

歴史も含めて改めて教育の現場や状況は
とても興味深かったです

生徒になったり
伝える側になったり
学び満載のワークショップでした
ご一緒した教師たちとの出会いもとても素晴らしかったです

人はそれぞれ本当に役割が違うんだな~と思ったことがありました・・

思春期の難しいお年頃の中学生は生活指導は大変そうな印象がありますが・・

「まだコミュニケーションがでこぼこで
傷ついたり、つけてしまったり・・
喜怒哀楽を一生懸命に表現しながら
時にどろどろしたり・・ぶつかりあったり・・でも
毎日劇的に変化をしていくこのお年頃の子どもたちが
輝いていて・・
たまらなく大好きなんですよ~」ととある先生がおっしゃっていました・・
こんな眼差しに包まれて過ごす生徒たちは
きっとのびのびと感情を解放いけるのだろうな~と・・

また・・
生徒の望む進路へ
確かな基礎力を付けてあげたいという先生・・
きっと夢の実現に大きな力となって差し上げられるんだろうな~と・・

教師の役割そのまま・・
親の役割でもあるなと思います・・

でも・・
親が子供を育てる中で親の器を少しづつ学んでいくのと同じように・・

教師も生徒との繋がりを通じて
一歩一歩懐を育てて頂いているのだろうな~思います・・

スポンサーサイト

- 0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。