FC2ブログ

涙・・・

涙腺が緩い私・・
でもでもそのその昔・・・
私は涙とは無縁の人でした
映画を見て泣きそうになっても
上を向いてぐっと涙が
こぼれ落ちるのを
必死にこらえて
涙が乾くのを待っていた・・

心にぽっかりと大穴がしまう
厳しいお言葉を頂いても
その傷ついた自分から必死で目をそらして
そんな言葉でへこむ弱い私ではないわ~と
なにくわぬ顔で
感じないようにしていました・・・

涙は
弱くて
情けなくて
未熟さの
代名詞だと思っていたから

強くて
立派で
成熟していることを
理想にして憧れていたから

弱くて
情けなくて
未熟なことが
許せなくて・・・
嫌いでした・・・

弱みを人前で見せるのが・・・
嫌だったのでしょうね・・・
涙を見せないために
どれだけ歯をくいしばってきたことか・・・

泣きたいのに
必死に我慢して
泣けなかったのでした

弱くて
情けなくて
未熟でいいんだって・・・
素直に・・・
感じたままの・・・
ありのままの自分を・・・・・
抱きしめることが
少しづつできるようになってみると・・・
私は溢れんばかりの感情の持主だったのでした

些細な幸せに感動して・・・
嬉しくて・・・
悲しさ、切なさに共感して・・・
人と話しても・・・
テレビを見ていても・・・
読み聞かせをしていても・・・
涙で言葉に詰まってしまうこと・・・

感情を受け止めて
涙を流した後は
気持ちが解放されていく・・・
そしてそこからまた・・・
見つめればいい・・
一歩一歩進めばいい・・

感じたままに・・・
ありのままの姿で
泣けるって
本当に素敵ですね・・

涙・・・・
「潤いが戻る」
ありのままの自分に戻っていけるための
素敵なまほう・・
スポンサーサイト